【今読んでいるのは】

「結婚指輪」の選び方について教えて

金属アレルギーの人に指輪を買う方法

5年間付き合った彼氏と、来年の1月に結婚式を行うのですが、
彼氏が金属に対してアレルギーを持っているため、結婚指輪を
どのように購入しようか迷っています。

サプライズで指輪を用意するわけにもいかないので、
一緒に選びに行こうという話に相成ったのですが
具体的な選び方を教えてください。

純度の高い金属の指輪を選びましょう

金属アレルギーは、コバルトやニッケルなどの「重金属」に
カテゴリされる金属に触れると、症状が出やすいと言われています。
結婚指輪に使われる金属は、プラチナやゴールドなどの貴金属が
多くなっていますが、強度を高める目的で、パラジウムや
タングステンなどの重金属を混ぜているケースも少なくありません。
金属アレルギーの人であれば、これらの指輪を避けるべきでしょう。

重金属が使われていない高純度の貴金属であれば、
アレルギーの症状が比較的出にくく、様々な金属製品を身に付けやすくなります。
そのため、金属アレルギーの人が指輪を選ぶ際は、合金製ではない
貴金属の指輪を購入するといいでしょう。お店によっては、このような
結婚指輪のオーダーメイドを受け付けている専門店もあるため、指輪を
お気に入りのデザインや素材で作ることも可能です。

ただし、高純度の金属であっても、アレルギー症状が出る人も居るため、
油断は禁物です。心配であれば、皮膚科で行えるパッチテストによって
旦那さんがどの金属でアレルギー症状が出るかというのを
調べておくといいでしょう。

金属製品以外の指輪もオススメ

最近は、金属に限らず、石や木を加工して作った指輪も存在します。
金属アレルギーの発症を避けたい人であれば、このような
非金属製の指輪を選ぶのもオススメです。

貴金属や宝石類が使われていない指輪は、金属製品の指輪より
比較的安価であるため、経済性が高いというメリットもあります。
何かとお金がかかりがちな結婚というイベントにおいては、
相性がいい指輪とも言えるでしょう。